ログイン

母子保健事業など

お問い合わせ: 各保健センター

妊娠したら

妊娠の届出・母子健康手帳の交付(要予約)

医療機関で妊娠と診断されたら、最寄りの保健センターに妊娠の届出を行ってください。届出時には、マイナンバーの提示が必要となりますので、マイナンバーカードまたは通知カードと運転免許証等顔写真付きの身分証明書をご持参ください。また、やむを得ない理由で、妊婦さんご本人が届出することが困難な場合は、別途書類が必要となります。[詳しくはこちらでご確認ください]

妊娠の届出と同時に母子健康手帳を交付し、妊娠中の健康管理についての相談を行います。

経産婦の人は、今までに出産されたお子さんの母子健康手帳もご持参ください。なお、交付には時間を要しますので(約40分)必ず事前にご予約のうえ、お越しください。

妊産婦健康診査について

市内在住の妊婦さんを対象に、妊娠中の健康管理とその費用の一部助成のために、妊産婦健康診査受診票を交付しています。妊娠届出時に交付しますので、届出はお早めにお願いします。

「転入された人へ」
転入された妊婦さんは、市役所への転入手続き後、保健センターへ申し出てください。

妊産婦健康診査受診票の差し替えが必要になります。

妊婦相談

妊娠中の健康管理などについてお住まいの地域の保健センターで相談することができます。お気軽にご連絡ください。

マタニティ電話相談

妊婦と生まれてくる赤ちゃんの健康のために、また妊娠中の生活を健やかに過ごして出産を迎えるために、妊娠中の健康管理の方法や食生活などについて、妊産婦健康診査の結果やマタニティノートを活用しながら、電話相談を実施します。

妊娠中期を目処に、マタニティアンケートを送付します。

妊娠中の体の変化や胎児の発育について記入し、返送してください。

(アンケート返送の有無に関わらず、電話をさせていただきます。)

赤ちゃんが生まれたら

まずは出生届

赤ちゃんが生まれたら、生まれた日を含めて14日以内に市役所に出生届を出しましょう。

また、乳幼児等医療費助成制度などの手続きが必要です。

低体重児の届出

生まれた赤ちゃんの体重が2,500g未満の場合は、届出が必要になります。届出時には、産婦さんと生まれた赤ちゃんのマイナンバーの提示が必要となりますので、マイナンバーカードまたは通知カードと運転免許証等顔写真付きの身分証明書をご持参ください。また、やむを得ない理由で、産婦さんご本人が届出することが困難な場合は、別途書類が必要となります。[詳しくはこちらでご確認ください]

産婦健康診査

産後の健康管理とその費用を一部助成するために、産婦健康診査受診票(産後2週間と産後1ヶ月の2回)を交付します。受診票は妊娠届け出時に交付します。

受診日及び助成申請日のいずれにおいても市内に住民登録がある産婦が対象です。

産後ケア

産後1歳までの時期は、赤ちゃんとの生活に慣れるまで、緊張や疲れが出やすい時期でもあります。体調や育児に不安や心配のある産婦も安心して子育てができるよう、心身のケアや育児サポートが受けらます。

出産後1年までの産婦と赤ちゃんで、市内に住民登録がある人が対象です。(市内に住民登録がある人は、里帰り先での産後ケアも対象)。

赤ちゃん訪問が受けられます

助産師、保健師が家庭訪問し、発育や生活環境、疾病予防、母乳、育児相談などを行います。生後1〜2ヶ月頃に、保健センターより日程調整の電話をします。

新生児聴覚(赤ちゃんの耳の聞こえ)検査事業

新生児聴覚検査は耳の聞こえにくさを早期発見し、できるだけ早い段階で適切な療育を受けられるようにするための検査です。妊娠届け出時に、新生児聴覚検査受診票を交付します。
※費用の一部を助成します。

不妊でお悩みの方へ

本巣市特定不妊治療費助成事業

市では、特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を受けている夫婦に対し、治療に要する費用の一部を助成します。また、岐阜県においても同様の事業を実施していますので、岐阜県特定不妊治療費助成を受けることができます。ただし、県と市では助成条件・内容が一部異なります。

  • 対象者
    • 法律上の婚姻をしている夫婦
    • 夫または妻のいずれか一方または両方が、申請日の一年以上前から引き続き本巣市内に住所を有する人
  • 助成額
    1会計年度当たり20万円まで(通算5会計年度)
  • 対象治療
    • 特定不妊治療(体外受精・顕微授精)
    • 特定不妊治療の一環として行った男性不妊治療
      (精子を精巣または精巣上体から採取するための手術)
  • 対象医療費
    保険外診療である特定不妊治療費の自己負担分
  • 対象医療機関
    指定医療機関
  • 申請受付期間
    治療の終了した日の属する年度内に申請してください。
※その他詳細内容や、申請時の必要書類などについては、市ホームページ(トップページ▷市民の方へ▷くらしの出来事▷妊娠・出産▷不妊でお悩みの方)でご確認ください。
本巣市一般不妊治療(人工授精)費助成事業

市では、一般不妊治療(人工授精)を受けている夫婦に対し、治療に要する費用の一部を助成します。

  • 対象者
    夫または妻のいずれか一方または両方が、本巣市内に住所を有する人
  • 助成額
    1年度につき、本人負担額として支払った金額に2分の1を乗じて得た金額と5万円のいずれか少ない方の額(一般不妊治療に係る検査等を開始した月から継続する2年間)
  • 対象治療
    一般不妊治療(人工授精)
  • 対象医療費
    保険外診療である一般不妊治療費の自己負担分
  • 申請受付期間
    令和3年4月1日から令和4年3月31日まで(令和3年3月1日から令和4年2月28日までの診療分を申請してください)
※その他詳細内容や、申請時の必要書類などについては、市ホームページでご確認ください。
本巣市子育て支援サイト もといくネット
子育て支援センター就学前の未就園児と保護者及び
妊娠中の方を対象に、育児相談
(電話・面談)、親子あそび、
子育てセミナーなどを
行っています。
  • 本巣・根尾子育て支援センター(本巣幼児園内)0581-34-5011
  • 糸貫子育て支援センター(糸貫西幼児園内)058-322-0015
  • 真正子育て支援センター(弾正幼児園内)058-324-5518
本巣市役所真正分庁舎 幼児教育課
501-0494岐阜県本巣市下真桑1000番地
058-323-7753058-322-2130